オゾン脱臭機(発生器)と空気清浄機を併用して空気をきれいに!

部屋の空気をキレイにしたいならオゾン脱臭機(発生器)と空気清浄機を併用しよう!

空気をキレイにして部屋を浄化したいのなら空気清浄機だけでもいいですが、しっかり臭いまでキレイにしたい!と思うなら、オゾン脱臭機(発生器)も併用した方が、より部屋の空気をきれいに出来ます。

空気清浄機

どうしてか?その理由をご説明しましょう。

オゾン脱臭機の脱臭効果

空気清浄機だけでは、し尿の臭いや有害物質のホルムアルデヒド、カビ臭をしっかり消すことが難しいのです。でも、そこに臭いの元から分解するオゾン脱臭機を併用することで、よりしっかりと空気をキレイに出来るのです。

そのオゾン脱臭機は、ストリー方式であれば、人体臭から生活臭、有害物質の臭いなどを全てキレイに脱臭出来るのが魅力的。

臭いの元の分子を分解できるオゾン脱臭機

し尿や頑固なカビ臭、ホルムアルデヒドなどは空気清浄機だけでは限界があるからキレイに出来ませんが、そのニオイの元の分子を分解し、脱臭できるエアーマスター方式のオゾン脱臭機(発生器)ならしっかりと消すことが出来るのです。

これは、磁力の力によって誘導現象を利用し、ニオイの元の臭気の分子に結びついて空気をキレイに出来るから。

その分子とは水素、酸素、窒素、炭素などで、この原子に結びついては臭いを出します。ところが、エアーマスター方式のオゾン脱臭機ならば、結びついた原子を切断できるので、原子はばらばらになり、臭いとなる元を消すことが出来るのです。

このエアーマスターはフィルターの交換が必要ないので、コストもあまりかかりません。毎日、ずっと使いたいものだからこそ、無駄なコストはかけたくはありませんよね。

電気代も1日に10円以下と安いので、24時間、フルに稼動させておけるのも魅力的。

オゾン脱臭機(発生器)は様々な原因物質に効き目を発揮

アンモニア臭からタバコ臭、カビ臭、染み付いた頑固な臭いをしっかり消すには、フィルターだけの空気清浄機では限界があるんです。

ペットを部屋で飼っているのならば、その体臭や落ちた餌、糞尿などの臭いが気になります。でも、オゾン脱臭機(発生器)ならこの臭いを根こそぎ脱臭できるので、快適でペットのありとあらゆる臭いが気にならない爽やかな部屋に出来るのです。

ペットから出るノミや人から出るフケなどは空気中を浮遊することがありますが、これらの微粒子は粘性や表面張力が低下することでバランスが崩れ、自重によって沈下させるから空気を清浄化出来るのです。

また、バクテリアやウィルスなどの微少粒子もしっかり殺菌出来るので、風邪などをひかない、健康的な部屋に出来るのです。

タバコが大好きな人が住む部屋は、そこに掛けてある服や座るソファ、カーテンなど様々な場所にタバコの臭いが染み付いています。独特なモワッとしたニコチンの臭いはとても不快ですし、吐き気や頭痛を引き起こすことにもなりかねません。

それらの化学物質も分解するから無臭化でき、部屋がより新鮮な空気に出来るわけです。

仏壇がある部屋でも、線香の臭いなどが空気中に浮遊しても、超微粒子同士を凝縮させては落下させるから、煙が消散してキレイになります。

ホコリをしっかり解消したい場合には空気清浄機を

ホコリをしっかりとって部屋をキレイにしたい場合には、オゾン脱臭機に空気清浄機をプラスしましょう。

空気清浄機には集塵フィルターが付いています。ファンが回り、部屋のチリやホコリを吸い、このフィルターでしっかりキャッチします。花粉が漂う部屋にもピッタリ。

ただ、脱臭フィルターは付いていますが、オゾン脱臭機よりもその効果は落ちます。臭いを完璧に消したい場合には、空気清浄機にオゾン脱臭機をプラスした方が、より確実に臭いを消すことが出来るのです。

また、人気のプラズマ放電だけでの脱臭では、熱によって分解するので、脱臭効果は低く、限界があります。

やはり、強く、頑固な臭いを消すには、オゾン脱臭機との併用をお勧めします。

まとめ

空気清浄機だけでは、臭いをしっかりとることに限度があるだけに難しいものです。ペットを飼っている、タバコを吸う人がいるのなら、オゾン脱臭機(発生器)と空気清浄機を置くことがポイント。

しっかりと部屋のアンモニア臭やし尿、ホルムアルデヒドなどの頑固な臭いを消したいのなら、オゾン脱臭機と空気清浄機の併用をおすすめします。