オゾン水の効果と使い方。オゾン水の危険性とデメリットについて




オゾン水」という存在の凄さはまだ日本人に広まっていないのではないでしょうか。

オゾン水は「国から食品添加物として使用を認められた、オゾンを水に溶け込ませたお水」です。

その効果はとても高く、そして使用用途も非常に幅広くあります。

除菌力(消臭・脱臭力)が高く、塩素のようにニオイが残ることもない」という特徴があり、医療現場などで多く使われているのですが、家庭内での除菌や消臭・脱臭にも使う人が近年増えてきているとてもメリットの多いお水なのです。

この記事では、そんな「オゾン水」の使い方や危険性やデメリットがないかなどを解説していきたいと思います。

オゾン水

こんなに多いオゾン水の使い方。効果の高さは圧倒的

例えばご家庭で毎日やっている「洗濯」という作業。

当たり前のように洗濯用洗剤と柔軟剤を入れ洗濯していますよね。

しかし、実は洗濯用洗剤は汚れを落とすことを目的としていて、洗濯物の「除菌」は完全にできないのが現実なのです。

洗濯物のあの嫌なニオイは落とし切れていない細菌が原因なのですが、「オゾン水」で洗濯をすることで、洗濯用洗剤よりも圧倒的に細菌を除菌することが出来るようになります。

オゾン水は「一定時間で酸素に戻る性質があるため健康に弊害がでない」ので、安心して使用することができる特徴があります。

オゾン水のオゾン濃度を示す値として「ppm」がありますが、例えば1ppmのオゾン濃度のオゾン水でもかなりの細菌を死滅させることが出来ると言われています。インフルエンザ菌や大腸菌なども2ppmのオゾン濃度でほぼ死滅させることが出来るのです。

例として「洗濯に使う水にオゾン水を使う」と挙げましたが、その他にも様々な使い方があります。

お料理前に野菜をオゾン水で洗うことで、野菜についた微量の農薬や独特なニオイを取ることが出来る

キッチンまわりの除菌や魚やお肉を処理した後のまな板の除菌

細菌の付きやすい子供のおもちゃの除菌

帰宅後のうがいや手洗い用として

・お風呂やトイレなどの水回りの除菌。

・洗顔や洗髪用のお水に。

このようにとても多くの使用用途があります。

ご家庭や病院関係以外でも、レストランなどの飲食店やペットショップ、美容室、食品加工工場や清掃業でもオゾン水は使われています。

オゾン水に危険性はある?デメリットを考える

前記した通り、オゾン水は一定の時間経過すると酸素に戻る性質があるので、人間の身体に害を及ぼすことのない優れたお水です。

現在日本国内で使われている水道水の多くはオゾンを使って殺菌されているのをご存知でしょうか?(ひと昔前は塩素を使った殺菌でした)

ガスが使い方を誤れば爆発を起こすように、薬が用法容量を守らなければ身体に副作用を起こすように、オゾンもまた適したオゾン濃度で使用しなければ身体に害を与えてしまいます。(具体的には2.0ppmまでは安全であると認められています
また、許容範囲内の濃度のオゾン水であっても、あまり長時間オゾン水を使って作業しない、密室で使用しないなどの注意が必要です。

軽量・小型・高性能の「オゾンバスター」のオゾン水生成器がおすすめ

オゾン発生器にも「オゾン水」を作れる製品がありますが、10万円~20万円という価格の商品が多く、なかなか簡単に購入することが出来ない人は多いでしょう。

しかし、おすすめする「オゾンバスター」は本格的なオゾン水を低価格で販売しているので、ご家庭で「オゾン水を使ってみたい」という方や「お店や介護施設、ペットショップや美容院」などには最適な商品といえます。

他にも高品質なオゾン水生成器である理由があるのですが、ぜひ詳しくは「オゾンバスター」の公式サイトをチェックしてみていただければと思います。

「オゾンバスター」公式サイト