車内のにおいの原因にはタバコやエアコンのカビなどがある

エアコンのカビ

車内の気になるにおいには、エアコンから噴出してくる鼻を突く臭いです。モアッとしたあの独特の臭いは、実はカビが原因なのです。

使えば使うほどに中に湿気が溜まり易くなり、それがしっかりと乾かないことにより、カビが発生しやすくなります。そのカビを餌にして、更にカビが繫殖してしまいます。

タバコの臭いの原因

車内でタバコを吸うとエアコンの内部に煙が入り込み、ニコチンの臭いが付着します。それがエアコンをつける度に吹き出し口からボワッと吹き出してくるのです。

タバコを吸う人というのは、もうそのニコチンの臭いに慣れていますから、車内の臭いが気になりません。更にタバコを吸うものですから、悪臭がどんどんシートや窓、ハンドルなどに付着してはこびり付き、ますます悪臭が酷くなってしまうのです。

シートには繊維を複雑に織り交ぜては紡ぎ合わせているのですが、そこに煙が入り込むことにより、表面ばかり拭き取ったとしても、繊維の中に入り込んでしまった臭いはなかなかを取り難いのです。

ペットの臭い

ペットの臭いも車内のシートや天井などに付着し、なかなか取れない臭いの原因になります。

このペットの臭いの原因は、オシッコやウンチなどが犬のお尻周りに付いたままでシートに座らせたことにより付着し、そこからアンモニア臭などが漂って悪臭の原因になっています。

その臭いは強烈で、空気中にも漂ってはエアコン内部へと入り込み、エアコンをつける度にその臭いが車内中へと漂うことになります。

人の臭い

長時間、車に乗っていれば、人の様々な臭いが付いてしまい、悪臭の原因になることがあります。人の吐く息やワキガ、頭の臭いもシートや車内の至るところに付着します。

特に、汗をかきやすい夏場には、薄着になるためにシートに汗が付き易くなります。ずっとシートに座っていれば、その染み付く汗の量も多くなり、ますますシートの奥へと染み付き易くなってしまうのです。

加齢臭もシートに染み付き、悪臭の元を作り出します。

新車の臭い

新車はどうしても作りたてであるために、その部品の匂いが強く、それが人によっては悪臭に感じてしまいます。プラスチックや布などの素材の独特な臭いが入り混じり、車内へと充満します。

気が抜けないだけに、どうしてもその臭いはいつまでも漂うことになり、特に窓を閉め切った状態ですと、よりその新車の臭いが外に抜けず、酷く気になります。

食べ物の臭い

車内でよく食べ物を食べるなら、その食べカスがシートに付いたり、足元に落ちては腐り、腐敗臭を漂わすことになります。

こまめに掃除をしていればいいのですが、どうしてもシートの横や溝などに落ちた細かい食べカスまではなかなか取り除けません。

手に食べ物のカスが付いたままハンドルやレバーを握ったら、そこにも食べ物の臭いが付いてしまいます。油は酸化しますし、ご飯粒にはカビが生えるなど、悪臭の原因になってしまうのです。

オゾン発生器なら車内のにおいも完全に脱臭できる

車内でも使用可能なオゾン発生器もあるので定期的にオゾン脱臭を実施することで、車の嫌なにおいを感じることもなくなります