オゾン発生器やオゾン水での危険性と健康被害について

皆さんはオゾン発生器やオゾン水と聞いてどんなイメージが湧きますでしょうか?

使ったことがある人や、使った体験談を聞いたことがある人なら

オゾンの力で強力な消臭・除菌ができる

オゾン水で野菜も洗えて農薬の心配をしなくていい

などの情報が知識としてあるかと思います。

しかし、オゾン発生器やオゾン水を使ったことがない人や、使った人からの体験談も聞いたことがない、というかまったくわからない。という人もまだまだ多いのが実情なのではないでしょうか。

この記事では、そんなオゾン発生器やオゾン水の危険性や健康被害について詳しく解説していきたいと思います。

オゾン発生器




オゾン発生器とオゾン水の危険性と健康被害

結論から言えば、正しい方法で使用すれば危険性はないです

これは、人間の暮らしにとって必須になっているガスや電気、薬などと同じです。

ガスは間違った使用方法でガス爆発を起こしますし、電気も間違った使用方法で感電を引き起こします。

薬もまた、用法容量を守らなければ身体を治すどころか重篤な事態を招きます(場合によっては死んでしまうことも)

人はそのようなリスクがあるがとても役立つエネルギーを使ってより良い暮らしや健康を手に入れているのです。

今回ご紹介しているオゾン発生器やオゾン水についても全く同じことが言えます。

正しい使い方で使用すればとてつもなく効果の高い除菌や消臭ができますが、誤った使用方法で使えば身体への健康被害もあるのです。」それがオゾンを使った製品すべてに言える事実なのです。

なにより知っていただきたいのは「オゾンは食品添加物として国が認めていて安全」ということです。

具体的にどんな危険性や健康被害があるのか

このサイトでは何回かオゾンの危険性やデメリットなどについて記事にしてきましたが、この記事でも具体的に間違った使用法でオゾンを使うとどんな危険性や健康被害が起こるのか挙げていきたいと思います。

関連記事
便利なオゾン脱臭機(発生器)は有害か無害か?!人体への影響はある?
オゾン水の効果と使い方。オゾン水の危険性とデメリットについて

人間の身体に健康被害が起きるかどうかは「オゾン濃度」が関係している

オゾン発生器やオゾン水には「オゾン濃度」というオゾンの濃度を示す値があります。

先に言っておきたいのが「今までにオゾン発生器が原因で起きた事故は1件もない」という事実です

なぜなら、0.01~0.02ppmという微量のオゾン濃度であっても「ん?なんかくさいな」と人間は感知出来るからです。

0.2~0.5ppmというオゾン濃度の空間に3時間ほどいると、視覚が低下し、1~2ppmというオゾン濃度で頭痛や胸部痛などが発生してしまいます。
15~20ppmというオゾン濃度では小動物が死んでしまうほどです。

このように聞くと、「あーやっぱりオゾンって怖いんだなー」って思いますよね。

それでも、「オゾン発生器での事故は1件もない」のです。

先にも述べたように0.01~0.02ppmという微量のオゾン濃度であっても「ん?なんかくさいな」と人間は感知出来るので、仮にオゾン発生器を稼働している空間に人間が足を踏み入れた瞬間に「なにこの異臭は?」とすぐにその部屋を出てしまうでしょう。

それほどオゾン発生器を稼働している空間はある意味「わかりやすい」のです。

小学生ぐらいの子供以上であれば間違いなく部屋からすぐに退避するでしょう。

注意するとすれば、オゾン発生器を稼働している狭い部屋に赤ちゃんや幼児を放置したりしない事です。

例えばオゾン発生器を稼働している部屋に幼児が自分でドアを開けて入ってしまったとしても、「ドアが開いている状態」なので、その部屋のオゾン濃度はそれほど上がらないでしょう。(ドアが開いているので多少換気できている状態の為)

更に、日本で販売しているほとんどのオゾン発生器(すべてかもしれません)には「稼働時間のタイマー機能」や「最大稼働時間」が付いているので「何時間も継続してオゾンが発生する状態にはならない」という事実。

まあ故障した状態で使っていたりしたらもしかしたら停止せずに何時間も稼働してしまうといったことが起こる可能性はあるかもしれませんが・・・。
それも、故障もしくは製品寿命が尽きた状態では、停止しないという状態よりは「稼働しなくなる」もしくは「オゾン生成量が著しく減退する」事の方が圧倒的に多いでしょう。

また、オゾン水の健康被害についても同様のことがいえます。

基本的にオゾン水は野菜の農薬を洗い流す効果や、おもちゃやテーブル、家具などを拭き掃除するのに使用します。

オゾン水はものの30分程度で通常の水に戻ってしまう性質があるので、直接オゾン水を飲まない限りは健康被害は起こらないといえるでしょう。(直接飲んでしまうとその強い殺菌力で殺してはいけない腸内菌などの菌も殺してしまいます)

このように、オゾン発生器もオゾン水も正しい使用方法を守れば全く問題なく、安全に高いレベルで除菌・消臭ができるのです。

ぜひ、一家に一台、もしくは職場に一台常備させてみてはいかがでしょうか?

300mg/hrのオゾン生成量のオゾン発生器 オースリークリア2

強力なオゾン水生成器 オゾンバスター