オゾン水で足の裏の臭いや水虫改善ができるって本当?

丁寧に洗ってみても、消臭スプレーを使ってみてもなかなか消えない足の裏の臭い。いったいどうすれば臭わなくなるの?

水虫がなかなか良くならなくて、長年のお付き合いになっている・・・。
そんな足の裏の臭い、水虫の改善にやおすすめなのがオゾン水です。どうしてオゾン水が効果的なのか、悩みの原因と共に説明していきます。

足の臭い

足の裏の臭い、水虫の原因に共通すること

足の裏の臭いの原因と水虫が発生する原因は実は共通しています。それは、高温多湿の環境と雑菌です。
足の裏は汗をかきやすく、靴下と靴でおおわれているため高温多湿状態になります。高温多湿状態は雑菌が増えやすい環境。足の裏の皮脂やたんぱく質をエサにどんどん増えてしまうのです。
また、水虫の直接の原因は白癬菌と呼ばれる菌です。この菌も高温多湿を好み、繁殖していきます。
ですから、足の裏の臭いと水虫を改善するためには、高温多湿の環境を改善し、白癬菌や臭いのもととなる雑菌の繁殖を防ぐことが大切なのです。

高温多湿の環境を改善し雑菌の繁殖を防ぐには

まず、高温多湿の足裏の環境を改善するために、次のようなことを試してみましょう。

・同じ靴を毎日履き続けない
・靴下は5本指のもので吸湿性に優れたものにする
・可能ならば、通勤後は靴を脱ぎ、通気性の良いサンダルやスリッパなどに履き替える

つぎに、雑菌が繁殖するのを防ぐ工夫をしましょう。

・足の裏を除菌シートで時々ふく
・靴の中敷きを抗菌性のものにし、毎日アルコールでふき、交換して使う
・帰宅したら足の裏を洗って清潔にしておく




足の臭いが気になる人は試す価値あり!オゾン水の除菌力

足の臭いが気になる人や水虫に悩まされている人なら、上記のことはすでに実行しているかもしれません。
それでもなかなか改善しないから悩んでるんだよ!という声が聞こえてきそうですね。
そんな方にとくにおすすめしたいがオゾン水です。
ほかの物質と結びつきやすく、すぐに酸素に戻るオゾン。そんなオゾンが溶け込んだオゾン水は、臭いや水虫の原因となる菌と結びつき、安全かつ効果的に取り去る働きをしてくれるのです。
ですから、オゾン水を使って足を洗ったり、オゾン水で靴下を洗濯したりすることにより、足の裏の臭いや水虫改善の効果が期待できます。

おすすめ!小型で使いやすいオゾン水生成器「オゾンバスター」

オゾン水を作るためにはオゾン水生成器が必要です。しかし、業務用のものは大きくて高価格。家庭用にはあまり適しません。
そこで、おすすめしたいのはオゾンバスターです。
小型で持ち運び自由、手軽に使えます。使用方法も簡単なうえ、高濃度のオゾン水を作ることができる商品です。手ごろな価格なので購入しやすく、足の裏の臭いやしつこい水虫などの対策として毎日使いたい場合に最適です。

オゾン水は、足の裏の臭いや水虫対策だけでなく、野菜を洗ったり、掃除に使ったりといろんな用途に使えるのがいいところ。
いろいろ試したけど臭いや水虫が改善されなかったという方は、ぜひ一度オゾンバスターで作ったオゾン水を試してみてください。

強力なオゾン水生成器 オゾンバスター