まるで芸能人のお部屋?と見まごうほど、生活感の無い部屋にしたい方へ

芸能人のお部屋?と思うかどうかはさて置き、生活感の全く見えない部屋には憧れを抱く人も多いかも知れませんね。

確かに生活感があふれてる部屋はドコか雑多で、しかも普段の癖や過ごし方まで見えて来てしまいそうな部屋の状態だと、うっかり友達も呼べませんよね。

では、そんな生活感丸出しの部屋を一体どうやったら生活感の無いお部屋に生まれ変わらせる事が出来るのかと言うと、とりあえず今散らかっているモノを本来あるべき場所に仕舞ったり、要らないモノを捨てたりすることろから始めて行きましょう。

ある程度モノを捨てたり仕舞ったりしたら、今度は生活感~良く使う道具が見えない様に配置換えをする必要があります。

特に生活感あふれる~モノの代表格と言ったら、食事をする道具系~炊飯器やお箸・食器が見えいる状態をナントカした方が良さそうです。

食器をシンクで洗った後に乾かす食器置き場にいつもよく使う食器を置きっぱなし似ていると、生活感が出しっぱなし?と言う感じなので、絶対食器棚に仕舞ったり食器置き場を見えない所に移動させたりすると良いかも知れません。

また、台所でよく使う付近などを干している場所も、居間や台所から良く見える所に干さないで、別の所に干しておくのが得策です。

次に居間になりますが、今で生活感が丸出しだと感じられるのは、新聞や雑誌を置いているマガジンラックかも知れません。

何を読んでいるのか?どんな新聞を取っているのかがバレバレになりますしそれに何ヶ月分やら何週間分もおなじ所に置いてあったりすると、かなり生活感を感じてしまうので、なるべくなら読み終わった雑誌や新聞は早めに集めてまとめて、廃品回収などに出しやすい状態にしておくと良いでしょう。

ソファや床に敷いているラグも、部屋の色合いや雰囲気に合っていないと、途端に生活感丸出しになるので要注意です。

住宅展示場の住宅の室内の様に、壁の色や照明の雰囲気に合わせて色々置いておく事で、かえって生活感を感じさせなくなるのでお勧めです。

と言った感じで、生活感をあまり見せない工夫は色々あると思いますが、美しい部屋を作るための雑誌や本などもたくさん販売されているので、そう言った本も参考にしてお部屋作りをして行って欲しいと思います。

お部屋のお掃除のあとは綺麗な空気で完璧な環境

「オゾン発生器」というものをご存知の方もいると思いますが、お部屋の見た目だけではなく、しっかりと「空気」まで綺麗にすることをおすすめします。