室内で犬を飼っているとお部屋の掃除が大変!

最近は室内で犬を飼っているお宅も増えている様ですが、確かにマンション暮らしだったりすると外に繋いでおくわけにも行かないので、部屋で飼う事になってしまいますね。

そこで発生する問題が、抜け毛の掃除かも知れません。

毛の抜けにくい品種の犬ならまだ、年に何回か犬の美容院でカットしてもらいに行けば良いのですが、特に夏毛・冬毛と季節によって毛の生え変わりのある品種の犬の場合は、季節に関わらず毎日抜け毛が結構凄い事になってしまうのです。

なので、部屋の地面にカーペットを敷くのを諦めた~と言うお宅がもしかした多いかも知れませんが、フローリングの床の方が掃除をしやすい傾向ではありますね。

フローリングの床ですと、人気の自動で勝手に床を掃除してくれるロボット掃除機が稼働してくれたりするので、こまめに自分で掃除機をかけなくて済むので便利です。

また、クイックルワイパーなどのシートタイプの清掃アイテムを使うのも効果的です。

でも、部屋に抜け毛を散らかさなくて済む一番の方法は、こまめにブラッシングをしてあげる事に尽きると思います。

部屋の中ですると毛が舞ってしまうので、ベランダなどに出てかけてあげると勢いで毛が舞っても部屋に入りづらいのでお勧めです。

中には掃除機をそのまま身体にかけて抜け毛を吸い取ってくれ!と催促する犬もいるそうなのですが、実はこの直に掃除機が一番効果的に抜け毛を摂る事が出来るのでお勧めしたい所ですが、掃除機が苦手な犬の方が多いと思うので、一度試してみて嫌がらなかったら続けてみると良いかも知れません。

それとプラス、空気清浄器も使うとより、室内に舞ってしまっている細かい毛などを吸着してくれるので、うっかり吸い込んでしまったり、家具やテーブルなどに下りてくる量も減らせるので、掃除の手間が少し省ける可能性が高まります。

それに、家族や親類~友人などにアレルギー性鼻炎を持っている人が居る場合、犬のアレルギー症状が出る人は少ないとは思いますが、毛でアレルギー症状を起こす人も居るので空気清浄器の存在価値は高いと思うのです。

と言った具合に、毎日室内で犬と触れ合っている方は気付かないかも知れませんが、たまにお宅に遊びに来た人が室内に入ると、犬のニオイが部屋中に縦貫していたり、何だか空気がちょっとホコリっぽいんじゃないか?と思う人も居るので、十分注意して毛の手入れや掃除をして行った方が良いでしょう。

犬のにおい対策の最終兵器「オゾン発生器」

どれだけ掃除をこまめにしても、どうしても落ちない「犬のにおい」。突然お客さんが来ても大丈夫かしらと不安になったりしますよね。
そんな不安を解消する最終兵器が「オゾン発生器(脱臭機)」です。お部屋のにおいを元から脱臭できるので犬の臭いの悩みにもピッタリなアイテムです。