オゾン発生器(脱臭機)で森林浴に近いお部屋環境にしよう!

森林浴と聞くと「気持ちよさそう」「リラックスしそう」というイメージを持たれる方が多いと思います。
その通りに私たちの五感で感じる森林浴は、心も体も癒してくれます。
今回はその森林浴についてご紹介します。

目から見る森林浴

毎日パソコンなどを見ていて目が疲れている人も多い現在の社会。
草木の緑を眺めることで、血圧が低下したり、脳の活動が鎮静化するという作用があるんです。
色彩は私たちの心へ影響します。
緑というと何をイメージするでしょうか。
緑色には【調和】【バランス】【ヒーリング】などの意味を持っています。
緑の象徴的な意味の中には【呼吸】というワードもはいってきます。植物の光合成も呼吸ですね。

耳から見る森林浴

喧騒な都会の音ではない、風の音、木の葉の音、鳥のさえずり、水の流れる音・・・
音があふれている毎日では感じなかった自然の音は、私たちの心を癒してくれます。
目から見る森林浴と同じように、脳の活動が自然の音によって鎮静化することも。

触れることから見る森林浴

緑の葉っぱや土を触ることで、体では何が起こっているのでしょうか。
実は園芸セラピーというものがあるのですが、土をいじることで「無」になったり「頭がからっぽ」になる感覚があるそうです。
人は一日に5万回以上もの思考をしているので、このように「無」になることは脳にとってとても必要なリフレッシュなのです。
またマイナスイオンも多く発しているので、心も体も癒されるということです。

口から見る森林浴

森の産物は美味しいものが沢山ありますね。
木の実や湧き水などの有機物がたくさんあります。
山菜なんかも摂れたりする季節は、食べるのも楽しみです。
水道水では味わえない水の美味しさなんかも、子供にも体験させてあげたいことのひとつです。

鼻から見る森林浴

まず森林浴にいって、多くの人は「深呼吸」をするのではないでしょうか。
空気がおいしい!というのもこの深呼吸で感じることのひとつ。
綺麗な空気とマイナスイオンで私たちの体はリフレッシュされます。
また、そこに生えている草花や木の香りは、時に私たちに沢山の効能を与えてくれます。
アロマで使用されているような草花・木の精油には多くの作用があり
香りの芳香成分は非常に小さく、私たちの血液までに届くことがわかっています。
そういう面からみても、森林浴で感じる香りは、私たちの体に大きな影響を与えてくれそうです。
また森の中にある心地よい香りにはフィトンチッドという成分があり、これには自律神経のバランスを取り、リラックスさせ、血圧を下げ、心の不安を軽くする効果があります。

このようにして私たちの多忙な生活の中で失っている「リラックス」や「心の安定」を
森林浴で得ることができます。勿論、精神面だけでなく、いい空気は私たちにとってとても大事です。
毎日する呼吸を森林浴で出来ればいいのですが現実には難しい話です。
せめてオゾン発生器(脱臭機)などで空気を綺麗にして、体に負担のすくない中での生活ができるといいですね。